Diary

2017年01月08日(日)

マルチユニバースと輪廻のふかーいカンケイ

『法華経』には無数の宇宙が存在していると書かれているような気がします。
いわゆるマルチユニバースというやつですね。

自分が生きている世界はひとつの宇宙です。
この宇宙のほかに宇宙が無数にあるというのです。

信じられないような気がします。

でも、この仕組みが少しわかったような気がします。

たとえば、私が今日、宝くじが当たったとします。
これは私が選び取った「現実」、つまり私が選び取ったひとつの「宇宙」です。
しかし、今日、私は今日、宝くじを買わなかったとします。
これは私が選び取った別の「現実」、つまり私が選び取った別の「宇宙」です。

そういう無数の選択肢が存在します。
ですから、宇宙の可能性というやつは無限大なのです。

しかし、私はひとつの宇宙しか選べないと、考えるでしょう。
私が宝くじに当たらなかったら、大金持ちにならない人生が繰り広げられます。
しかも、この人生のストーリーは結末まで決まっています。
つまり未来は確定しているということです。

世界には無限の可能性があるはずなのに、
もし私がこの宝くじが語らない貧乏人のストーリーに、
不満を持ったり、疑惑を持ったりすると、
本来、宇宙は無限大の可能性があるはずなのに、
そのストーリーの中に落ちて行ってしまいます。
要するに、そのストーリーの中に埋没してしまうのです。
そのストーリーの牢獄に閉じ込められてしまうのです。

つまり、マルチユニバースの世界を渡り歩いて、生きられなくなってしまうのです。

これが、「輪廻の輪の中に落ちる」ということです。
輪廻の中に落ちるというのは、
ひとつの宇宙の中で、
本当の宇宙を見られずに、もがき苦しんで死んでいくということなのです。

お釈迦様はこの「輪廻の輪」から超越しました。
それは、そのストーリーに陥らずに、
宇宙の可能性の無限大であることに気づいたということです。
人はそれを「悟り」と呼ぶのかもしれません。

宇宙の可能性が無限大であることを、
はらわたから了解することが、
つまり、自由に生きるということです。

宇宙に対して、疑念を抱くのはとても恐ろしいことです。
宇宙は万能です。
この万能な宇宙を賛美することから、
私たちの人生は変わっていくはずです。

Copyright (c) 2012 NIKAIDO TAKERU. All rights Reserved.