Diary

2016年12月31日(土)

数直線上の悪夢

私たちは時間という概念にガチガチにしばられている。

いまがあって、「いま」の「先」には未来があり、「いま」の「後」には過去がある。

現在・過去・未来は地続きにがっちりと結ばれている。

ここに苦しみが生まれます。

しかし、もし、この現在・過去・未来の数直線が崩壊したらどうなるでしょう。

私は『法華経』により、その体験を垣間見ました。

未来に登場するはずの仏が、実は過去からずっと仏だったり、
過去の仏が未来の仏だったり・・・。

どの仏がどの時代に存在したかを見取り図にしたい欲望が生じますが、
もし、数直線上に仏の寿命を整理して理解してもそれは意味のないことだと思います。
それでは元も子もない。

私はただ『法華経』の中に登場する無限にも近い仏たちの出現を口をあんぐりして、眺めているだけです。

『法華経』って、それでいいと思うのです。
『法華経』は「読書体験」なのです。
知識の集積行為ではないのです。
まさにライブ感覚。

話を戻しますが、現在・過去・未来ががっちり手を結んでいる世界では、
私たちは過去を悔やみ、未来を憂い、「いま」のことなんて、まったく眼中にない状態にあります。

ほんとうは、私たちには「いま」しかないというのに。
過去のことを悔やんでいるのも「いま」、
未来のことを憂いているのも「いま」なのです。

「いま」「いま」「いま」、「いま」しかないのです。

『法華経』に釘付けになっていると、
おびただしい如来(仏)の出現で、
いつが過去だか、いつが未来だかがわからなくなります。

時間という数直線が崩壊するのです。
この数直線が崩壊するのは、はっきり言って快楽です。
過去にも未来にも心が泳いでいかなくなります。
過去や未来なんて、笑い飛ばせます。

そんなことも『法華経』の魅力の一つです。

Copyright (c) 2012 NIKAIDO TAKERU. All rights Reserved.