Diary

2012年10月05日(金)

自分の「商品価値」を知るべし

どもども。

今日も酔いました。

しかし、世の中、いろいろ不満を述べるヒトは多いですが、
自分の商品価値も冷静に自覚した方がよいと思う。

これはもちろん、自分自身の戒めのためにも。

私自身に限って言えば、
世の中的な「商品価値」はきわめて低いと考えます。

日常生活の中で、
自分を必要とするヒトは皆無です。

ならば、選択肢はふたつ。

「商品価値」を高めるか、
自分を貫き通すか。

どっちもありだと思います。

最も気をつけなくてはならないことは、
自分が世の中に必要とされていないことを
はらわたの底から知ることだと思うますよ。

そこからどう進むかは、
無数の選択肢があると思われます。

自分を知ること、
そしてどん底の自分から、
希望を見いだすこと。

それが生きるということだと感じています。

Copyright (c) 2012 NIKAIDO TAKERU. All rights Reserved.