Diary

2012年09月25日(火)

運命は変えられるか

「運命は変えられるか」

このような問いは古今東西数限りなく展開されてきました。

ここで、「イエスでもあり、ノーでもある」なんてことを言ってしまうと、
かなりどっちらけな議論になりますね〜。

だから、私は、あくまでも自分の私論として、
現在の心境を語りたいと思います。

私は運命は変えられないと思います。

「ちょっと待てよ、人間には自由意志ってものがあるだろうよ」と
叱られそうですが、やっぱり私には、
運命は変えられないと思うのです。

私は100人に1人いう、案外、たくさんいる病気を持病に持っています。

もちろん、好きでなったワケではありません。
できれば、こんな病気は持ちたくないです。

こんな病気を持ったがゆえに、
かなり苦しくこっけいで、こっぱずかしい経験をしてきました。

がんばって、生きてきたつもりです。
がんばったので、いまでも生きていると思います。

このがんばった経験を含めて、
私にはこれが運命であるとしか、思えません。

私が私でなかったら、同じ病気でも別の人生だったかもしれませんが、
私は私という存在を、がんばったことも怠けたことも含めて、
自分であったと思うし、これからの運命もある意味、
決まっていると思います。

大切なことは、この運命にあらがわないことだと思っています。

私が殺人や盗みをしないことは、おそらくその通りだと思います。
私には私の倫理観があり、その倫理観を守るためにがんばっています。
このがんばる自分を含めて、自分の運命だと思います。

そういう意味では、世界は自分にとって必然なのかもしれません。

もし、「そうではない。おれはおれの限界を超えて生きる」と言う方がいれば、
そのように努力されたらよいと思います。
確かに、考えうる限界を超えられるのかもしれません。
私はそれもまた運命だと思っています。

とても、私的な意見です。

何が言いたいのかというと、
もし自分が無力だなあ、と自信をなくされている方がいたら、
がんばってがんばって、強くなろうなんて、
思わなくてもよいのではないかということです。

あらがうことで、さらにまた「苦しみ」が積もっていきます。

大丈夫です。

弱くても大丈夫。

Copyright (c) 2012 NIKAIDO TAKERU. All rights Reserved.