Diary

2012年09月13日(木)

「手帳術」の功罪

はろはろ。

最近は、手帳術ブームですな。
あれは、末法の世の象徴ですぜ。

そろそろ、来年の手帳が文具売り場に並んだり、
手帳術などの特集をする雑誌が話題になったりする時期です。

モレスキンだのなんだのかんだの、
みんな手帳を何冊持っていることやら。。

まあ、私も文具好きなのでキモチはわかりますが、
毎年、某ビジネス雑誌でやる手帳特集に出てくる事例を見ていると、
げっそりするもんですな。

ライフログなる悪趣味なブームの到来で、
みんな自分の自意識を手帳に書き付けることに夢中になってますぜ。

自分の食ったものや買いたいものリストぐらいなら、
まだカワユイものですが、
自分の夢や5か年計画を詳細に書き込んで、
それを堂々と雑誌で公開してますね。
あれはマスコミに「ビジネス・ピープル」とかはやし立てられて、
素っ裸で宴会のテーブルで踊っているみたいなものですよ。
あれは雑誌の害悪です。
さらされた人がかわいそうですな。

私が毛嫌いしますのは、
TODOリストの優先順位とかああいうヤツですよ。

緊急にやらなくてはならないこと、重要なこと、どーでもいいことなど、
色分けされて、整理されていたりするとげっそりするもんですな。

人生の優先順位って、なんやろか。
カネにならない連中からのメールには、
返事もしないんでよいんやろか。
それが今風のビジネス・マナーなんスかね、IT社長!

人間には、宿業というものがございます。
効率・能率ばかりを追って、宿業にたてつくと、
ろくなことはありませんぜ。

その日に出会うことが、
その日にいちばん大事なこと。

あしたのパンを思いわずらうなとは、
イエスさまのお言葉。

未来を変えるとか、
おごりたかぶるのも、
いーかげんにしやさんせ。

Copyright (c) 2012 NIKAIDO TAKERU. All rights Reserved.